ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

Blog - 物流・データセンター等6物件:取得(産業ファンド)

物流・データセンター等6物件:取得(産業ファンド)

カテゴリ : 
J-REIT物件売買
投稿 : 
IT不動産 2012-2-27 21:03
このまとめ買いはかなりインパクトが大きかったですね。これまで1,082億だったポートフォリオに、いきなり372億が追加されました。しかも平均NOI利回りが7.1%と、かなり高めの水準です。個人的には、この利回りの高さのほかに、ポートフォリオが3割強も拡大するのがとても良いなと思います。
このリートの投資対象は、物流・インフラ・研究所等なので競合するファンドが少なく、高めの利回りを狙えるという面がある一方、物流以外のアセットは汎用性が極めて低く、代替テナントを見つけにくいため、リスク度合いはロードサイド型の商業施設よりはるかに高いと思います。端的な例では、JALというかつてクレジットの高かった企業がテナントのIIF羽田空港メインテナンスセンターで、賃料減額を受け入れざるを得ない状況に陥りました(個人的には、よくこの程度の減額で済んだなという印象の方が強かったですが。。※リリース)。
こういった減賃・テナント退去リスクに対するヘッジの方法は、物件数を増やしてポートフォリオを大きくし、個々の物件が全体に与える影響を小さくする以外、なかなかが効果的な方法がないのではと思います。今回の取得では同時に大規模な増資も発表されましたが、株価は大きく上昇しました。これには分配金増加の見通しや、最近マーケット全体が活況という要素が大きいと思いますが、多少なりとも前述のようなリスク分散という面への評価もあったのではないでしょうか。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://gi-p.jp/com/html/modules/d3blog/tb.php/46
参照元
http://venuscozy.com/weight-loss/venus-factor-review/2017-1-18 10:09
動産マーケット......more
http://venuscozy.com/weight-loss/venus-factor-review/

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : 登録ユーザ以外のコメントは承認が必要